ピュアルピエの効果

二の腕のブツブツをケアする商品や方法はたくさんありますが、使ってもなかなか効果が無くて悩んでいる人が多いです。

しかも、薄着の季節になってくると周りの人の視線が気になってしまいますよね。女性は二の腕が出せないとオシャレも楽しめないので、早めのケアをオススメします。

>>ピュアルピエの購入はコチラ

↓↓さらにピュアルピエの効果を調べるならコチラ↓↓

>>ピュアルピエ

ピュアルピエは二の腕のブツブツを集中ケア

二の腕のブツブツは毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と呼ばれる皮膚疾患です。毛孔性苔癬になると、さめ肌といわれる皮膚のブツブツザラザラ感、赤みや色素沈着による黒ずみが伴います。この全てをケアできるようにピュアルピエは作られています。

毛孔性苔癬の本当の原因は乾燥

毛孔性苔癬 は遺伝や体質の影響で皮膚のターンオーバーの異常がおきて、皮脂が過剰分泌されます。その皮脂が毛穴に詰まり、盛り上がることでブツブツができると言われています。

ピュアルピエはもう一歩踏み込んで、なぜターンオーバー異常が起きるのかを追及しています。

その原因は「乾燥」でした。

体質だろうが遺伝だろうが、保湿をしっかりすれば本当の原因である乾燥を防ぎターンオーバーが正常になります。皮脂の過剰分泌も行われなくなるので二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬)が改善されると考え、作られています。

ピュアルピエがこだわった3つの保湿成分

乾燥を防ぐためにピュアルピエは保湿にこだわっています。

「セイヨウナシエキス」「ヒアルロン酸」「プラセンタ」と貴重な美容成分を使って徹底的に保湿をしています。

セイヨウナシエキスは保湿だけじゃない、スゴイ効果が!

セイヨウナシには、保湿だけでなく肌の再生を早める作用と皮膚の弾力を改善する作用があります。保湿だけでも二の腕のブツブツに効果がありますが、肌の再生が早まれば、二の腕のブツブツを減らすことも早めることができます。

ヒアルロン酸の圧倒的な保水力

いくら保湿しても、すぐに乾燥してしまっては意味がありません。肌に水分を留めておくことも乾燥を防ぐ上でとても重要です。ヒアルロン酸なら1グラムで約6リットルもの保水力があります。みずみずしい肌を作るサポートをしてくれます。

プラセンタで肌のターンオーバーを促進

プラセンタは話題の美容成分ですが、セイヨウナシエキスと同様、保湿だけでなく肌のターンオーバーを促進し、毛穴に詰まった角質のターンオーバーも促してくれます。

敏感肌でも使える低刺激・無添加

ザラプロやニノキュアなどの市販薬には尿素が20%配合されています。尿素には角質を削る作用があり、10%以上を配合していると敏感肌の人や肌の弱い人には合わないことがあります。

尿素で必要以上に角質が取られてしまい、二の腕のブツブツが悪化した、かぶれてしまった経験がある人も多いのではないでしょうか?

ピュアルピエは安全性の高い成分だけを配合しているので、尿素はもちろん添加物も一切使用していません。また、低刺激にもこだわっているので敏感肌のかたでも使うことができます。また、ターンオーバーを促進するだけなので過剰に角質をとってしまうこともありません。

ピュアルピエは肌の奥と表面のダブルで効く!

ピュアルピエは配合されている美容成分を「ナノ化成分」「高分子化成分」と大きさを変え2種類配合。ナノ化成分は肌の奥までグングン浸透し、高分子化成分は肌の表面でしっかり作用します。ボディーローションの保湿とは大きく違うポイントです。

色素沈着にもしっかり対応

二の腕のブツブツは赤みを伴ったり、間違ったケアで色素沈着し黒ずんでいる人が多いです。保湿成分でも配合されているプラセンタが美白もサポートしてくれます。 ピュアルピエは毛孔性苔癬の症状を全てケアすることができちゃうんです。

ピュアルピエは医薬部外品

売られているスキンケア商品には「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」に分類され、効果・効能の範囲がしっかりと分かれています。

医薬品は病気の「治療」を目的とした薬のことで、有効成分が厚生労働省によって認められています。

医薬部外品は厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が一定濃度配合されているものです。

化粧品は医薬部外品よりもさらに効能や効果が少なく、医薬品的な効能や効果は認められていません。

ピュアルピエは医薬部外品となり、厚生労働省が認めた効果がある成分が配合されているので期待できます。

今なら返金保証キャンペーン中

二の腕のブツブツケアは93.7%の人が満足したピュアルピエがオススメです。

徹底的に二の腕ブツブツを改善するために、効果のある成分だけにこだわって医薬部外品にもなっています。

>>公式サイトでピュアルピエを購入する

ピュアルピエが選ばれる理由もあわせて見る(TOPへ)