二の腕のブツブツはニキビではなく、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という皮膚疾患

二の腕のできるブツブツは毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という皮膚疾患です。 毛穴に皮脂が詰まることでブツブツができてしまう「毛孔性角化症」の一種で、「さめ肌」と呼ばれることもあります。

発生する場所は二の腕だけでなく、太ももにもできてしまうことも。

皮膚疾患といわれると病気のように感じてしまいますが、見た目さえ気にならなければ治療する必要がないものです。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)の症状

毛孔性苔癬は、ご存知のとおり皮膚の毛穴にブツブツができてしまうものです。痛みはありませんが、触るとザラザラしていて不快に感じる方も多いと思います。

ブツブツの中身は角栓が詰まっています。ブツブツは1~3mm程度の小さなものになります。ブツブツの範囲は人によって違い二の腕でも一部分だけの人もいれば、二の腕全体や顔、太ももにもできているという人までさまざまです。

中には、ブツブツが赤くなっていたり、潰したり放置したことによって色素沈着により黒ずんでしまうこともあります。赤みがあることで、ニキビだと思ってしまうようです。

10代の30~40%に発生し、年齢を重ねると自然と落ち着き、30代以降には目立たなくなると言われています。

二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬)のできやすい人

  • 家族にも毛孔性苔癬をできている人がいる、いた
  • 尋常性魚鱗癬が見られる
  • 食生活(脂肪分の多い食事)や不規則な生活習慣
  • 肥満体型

発生率には男性、女性という性差はありません。また、人に感染するものではないです。

二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬)の原因

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)の主な原因は、ターンオーバー異常によるもので、毛穴に角質が過剰にたまることで出来てしまいます。

皮脂が過剰分泌され毛穴に詰まってしまうことで、皮膚の表面が盛り上がりブツブツができてしまうということです。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)の治し方

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)の治し方は、「たまった角質の除去」「ターンオーバーの促進」「赤みのある炎症を抑える」です。

一般的には尿素入りのクリームが有効と言われていて、市販薬でもいくつも種類があります。また、病院(皮膚科)を受診すると処方されるのも尿素入りクリームが多いです。

そのほかには美容皮膚科で「ケミカルピーリング」「ダーマローラー」「レーザー治療」などがあるようです。こちらは保険適用外のものもあるので治療費が高額になりがちです。毛孔性苔癬は治療をやめると元に戻ってしまうので長期的に継続する必要があります。高額になることからあまり一般的ではないかもしれません。

病院も市販薬もダメで、美容皮膚科は金額的に厳しいという方は是非コチラがオススメです。私(管理人)も病院も市販薬もダメで半ば諦めていたところ、ようやくこれで少しずつ目立たなくなってきています。
>>本気の二の腕ケア「ピュアルピエ」はコチラ