白ニキビは、毛穴の内側に皮脂や汗などが詰まってしまい、肌の外側に出てこれない状態です。これはニキビができるプロセスで言うなら最も初期の状態で、白ニキビの段階で適切なケアをすれば、ニキビ跡として残ってしまうことなくきれいに治療することが可能です。ただし、白ニキビを放置していると、少しずつ毛穴の中の皮脂や汗が溜まってしまい、遅かれ早かれ炎症を起こして通常のニキビに進行してしまうので気を付けなければいけません。

 

白ニキビができやすい人は、ピュアルピエなどのスキンケアで毛穴が詰まらないようなスキンケアをしてあげる方法がおすすめです。ピュアルピエにはヒアルロン酸やプラセンタなどの保湿成分がたっぷりと複数入っていて、多方向から乾燥しやすい二の腕の肌ケアをすることができます。お手入れの方法ですが、白ニキビは、ニキビの中では唯一潰しでもOKなニキビなので、ピュアルピエを使う前にまずニキビができている部分を清潔にして、ニキビに直接指や爪が触れないように遠い部分から押して、中の白い膿を押し出してあげましょう。その後で、ピュアルピエを二の腕全体に塗ってあげればOKです。ピュアルピエには肌に刺激を与えるような添加物などは一切入っていないので、潰した白ニキビの毛穴の中にピュアルピエが入り込んでも、痛いとか炎症を起こす心配はありません。安心してくださいね。しかし、もしも潰した白ニキビが炎症を起こしてしまうことが心配な場合には、炎症止めのクリームを塗り、翌日ぐらいからピュアルピエで保湿ケアをしてあげると良いでしょう。

 

腕に白ニキビができやすいという人は、肌がかなり乾燥していることが予想されます。普段あまり保湿ケアをしていないのではないでしょうか?ピュアルピエはベタベタしないので、どんな肌質の人でも、どんな季節にも使うことができる保湿ケア用ジェルなので、お風呂上りや朝起きた時など、肌の乾燥予防のために日常的にピュアルピエを使ってあげることをおすすめします。

 

ピュアルピエ公式サイトはこちら